>

口内炎の症状や危険要素、その他の病気などを解説していく

口内炎とは何なのか、なぜ発生するのか

「口内炎」とは、文字通り「口の中に発生する炎症」全般のことを言います。
診断名として最も多く付けられるのが「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。
皆さんも、口内に直径2~10ミリ程度の丸くて白い潰瘍が、ほほや唇の内側、舌や歯茎などに発生したことがあるかと思います。
基本的には10日から2週間ほどで自然に消滅しますが、その間にはチリチリとした痛みが続きます。
これがとても痛く、ストレスがたまるものなのです。
「アフタ性口内炎」ができる原因については、実はまだはっきりとは解明されていません。
基本的には「ストレス」「免疫力の低下」「睡眠不足や栄養不足」が原因と考えられています。
他には、「口内の傷から発生」「ヘルペスウイルスなどへの感染」などによる口内炎もあります。

対応方法やお医者さんの知見

口内炎は、基本的には、放っておいても概ね1~2週間程度で治癒します。
しかし、もっと早く治すためには、市販薬などを使うのも効果的です。
患部が1箇所だけで、大きさも小さい場合は、直接患部に貼り付けて直すパッチタイプの市販薬があります。
これらは食事などでも患部を守ってくれるので、効果的です。
また「チョコラBB」などの内服薬で、内側からの治癒も効果的です。
患部が複数ある場合はスプレータイプや塗り薬タイプを、そして予防も兼ねて、うがい薬を消毒として使うのが良いでしょう。
お医者さんに診せるべきかどうかの判断基準ですが、「口内全体や口周辺にまで口内炎が広がっている場合」「患部が潰瘍になっている場合」「症状が2週間以上続いている場合」などを基準に考えておくと良いでしょう。


SHARE!